• Instagram
イメージ

B.M.L.T.カム®マシンについて

初動負荷トレーニングに基づくB.M.L.T.カム®マシンをご紹介いたします。

WORLD WING

  • <HIP JOINT:股関節>4D-1000

    HIP JOINT 4D-2000と共通要素を持ちながらそれぞれの構造の違い、異なる運動様式が機能改善のレベルを高めます。

  • <GLUTEUS:臀筋>4D-2000

    別名バックスイングとも言われ、骨盤・股関節の伸展運動で、実際の歩行や走る動作に近いトレーニングです。

  • <HIP JOINT:股関節>4D-2000

    座った状態で、骨盤・股関節・脚の捻り動作を伴いながら、脚屈曲・伸展運動を行う下肢トレーニングを代表するマシンです。

  • <PELVIS:骨盤>4D-2000

    身体の横方向へ脚を伸ばす動作が骨盤の動きを引き出し、大腿部の内側・外側の筋、神経系の機能向上、バランス調整に有効です。

  • <STANDING HIP JOINT:股関節>4D-3000

    片脚立ちの姿勢を保ちながら、運動側の脚を屈曲・伸展させる下肢のトレーニングマシンです。立ち脚の姿勢を制御する運動も加わり、立位バランス、歩行・走行・競技動作に向けたより高次な訓練が行えます。

  • <STANDING CLAVICLE:鎖骨>4D-2000

    立ちながら上肢の立体的な動きを引き出し、立位バランスと肩腕機能の関連性の向上を図ります。

  • <SCAPULA:肩甲骨>4D-2000

    肩甲骨と鎖骨が最初に活動しながら、肩、腕にストレスがなく、柔らかさ、しなやかさを生む動き(かわし動作)を引き出します。

  • <SCAPULA:肩甲骨>4D-2000 RAD

    <SCAPULA>4D-2000とは異なるハンドルを搭載し、手首や肩のより大きな運動角度を実現したマシンです。

  • <SCAPULA:肩甲骨>4D-1000

    両手でハンドルを保持するタイプのSCPULAマシンです。新機構のストッパーにより、筋の弛緩から一連の動作をスタートできます。

  • <CLAVICLE:鎖骨>4D-2000

    座りながら、手首より肘が高い状態を維持したまま、肩甲骨・鎖骨を中心とした上肢の動を引き出します。(フロントポジション)

  • <CLAVICLE:鎖骨>4D-2000

    1つのマシンで様々な肢位のバリエーションがあります。(サイドポジション)

  • <CLAVICLE:鎖骨>4D-2000

    様々な方向からアプローチして可動域を広げていきます。(バックポジション)