• Instagram

小山裕史先生について

小山裕史 (こやま やすし)

WORLD WING

早稲田大学大学院人間科学研究科博士課程修了
博士(人間科学) 

・初動負荷理論
・制御〔神経筋制御〕〔運動制御〕
・バイオメカニクスの研究者

高崎健康福祉大学 保健医療学部理学療法学科 教授(2014年10月-2017年9月)
鳥取大学客員教授〔医学部〕 歴任
日本スケート連盟、全日本柔道連盟、日本水泳連盟、日本陸上競技連盟フィットネスコーチ、科学サポート班など 歴任

研究歴

1981年

ワールドウィング(現・株式会社ワールドウィングエンタープライズ)を設立。
同年代より、J.O.C.傘下各競技の強化・動作研究に従事。
スポーツ選手の動作(フォーム)改善。また、故障改善に手腕を発揮し、多くの五輪メダリストを育成すると共に、プロ・アマスポーツ選手の指導にあたる。

1994年

神経筋制御、反射機能促進に特徴を持つ初動負荷理論®(B.M.L.T.)を発表。

In recent years

B.M.L.T.カムマシン®の多機能化、多機種化を実現して、スポーツのみならず、故障の早期改善、麻痺改善の研究と実践を大きく前進させ、世界の期待と注目を集めている。

メジャーリーグ、ヨーロッパ・サッカー、日本プロ野球、韓国プロ野球、また、故障改善、機能改善、麻痺改善の研究と対応でも知られる。医師、PT、OT、をはじめとする医療関係者との連携が深い。

メジャーリーグ、ヨーロッパ・サッカー、日本プロ野球、韓国プロ野球、また、故障改善、機能改善を求めて海外からの来訪者も多い。

スポーツシーン、医療にも用いられる高機能マシン(B.M.L.T.カム®)、高機能シューズ・BeMoLo®(ビモロ)など、物理・工学研究に基づく発明も多く(国際特許取得)、著書多数。